【DNA心理学】科学的にあなたの潜在能力を知る方法

仕事でなぜかいつも失敗ばかりする。この仕事合ってないのかな?

人間関係がなぜだかうまく築けない。自信が持てない。

あいつの考えてることが分からない、なんでもいつも失敗ばかりなんだ!

そんな悩みありませんか?

人である以上、誰もが自分の心や相手の考えていることに疑問や悩みを抱えています。

 

そんな人の心を理解する学問が心理学。

心理学は昔から、人の心に関する疑問や悩みを解消してきました。

 

そんな心理学の中で、

より科学的に、自己理解を深め、自己受容しやすくなる実用的な心理学。

それがDNA心理学です。

DNA心理学?なにそれ?聞いたことないぞ

さけくん

くまたくん

DNA心理学は発展途上の心理学で、アメリカのナショナルジオグラフィックってところで進めているジェノグラフィック・プロジェクトから来たDNAを活用した心理学なんだ。ボクはN系のハプロタイプYだよ縄文系ヨーロッパ人だね。
じぇじぇじぇのぐらふ???じょうもんじん???

さけくん

くまたくん

この記事でを読めば「DNA心理学」を知らない人でもその大枠がわかります!

 

DNA心理学を知れば、自己理解を深めることの大切さがわかります!

 

最先端科学が生んだDNA心理学

今の遺伝子検査の精度はすごくて。

遺伝子を検査することで、自分の祖先がどのような大陸移動をしてきたか祖先のルーツがわかります。

これに関してはそれだけで膨大な情報量の話になるので、

詳しくは専用サイトを参考に

ざっくり説明すると、祖先のルーツに応じて分類されるDNAのタイプがあって、それを「ハプログループ(ハプロ)と言います。

DNA心理学とは、簡単に言えばそのハプロに応じて人の思考に「備わったものとして」の思考パターンがあることを解明した学問です。

 

もっと簡単にいうと、自分たちの祖先の情報がDNAに残っていて、実は自分たちの思考パターンってそこの影響が大きいんですよってことです。

無意識的に使われやすい脳の部分は生まれつき決まっているとも言えます。

それが結果的にその人のキャラクターに出てくるというわけです。

つまり

【最先端科学 × 心理学のキャラクター分析 = DNA心理学】 なんです

 

DNA心理学の普及に勤められている城谷朱美さんも

「DNAという科学的な情報だと、ある意味納得せざるを得ない」
「本当の意味で自分を受容できる
「自分のことが受容できたらその人らしい生き方につながってくる

とおっしゃっています。

「なんだかとっても共感した!」

自分を正しく知るツールがあって、

それを正しく活用するだけで、

自分の生き方って結構変えられるんですよね。

 

それは「ストレングス・ファインダー」でもしかり。

自分探求って楽しいし、若い人こそ早くにやっとくべきなんです!

 

DNA検査で分かる多様なタイプ分類! 芸能人のハプロ紹介

DNA心理学のハプロタイプは人間が十人十色であるのと同様、多種多様です。

「Discover Japanという有名な雑誌に日本人の持つハプロタイプが掲載されていました。

これを見ただけではよく分からいと思いますがこれの何がすごいかというと、

例えば血液型占いみたいなものは4分類しかなく、ざっくりとした性格分類しかできませんよね。

しかし、ハプログループにはこのように数多くのタイプ分類があり、

それだけ人の多様な性質を細かく知ることができるんです。

 

そしてこれはあくまで日本人の持つハプロタイプ。

世界にはもっと多くの種類のハプロが存在します。

(もちろん、日本人にもここにはないタイプを持った人がいるかもしれません)

それはそれだけ人間の多様性があることを示し、

同時にその多様な性質をハプロなら細かく理解できるということです。

 

そして芸能人の多くもDNA検査によって自分のハプロを調べています!

ここには載っていないですがボクの大好きなガッキー(新垣結衣さん)ハプロAだそうです。

もう一つおまけに

暴れん坊将軍ハプロD4だそうです。笑

ボクたちの知らないところで時代はどんどん進んでいるのですね。

死んだ人のDNAまでわかるとは…。

 

「なるほど、なんかすごいのはわかった!

けど、AとかD4とか言われても意味がわからないよ?

さけくん

くまたくん

まずはDNA心理学なら多様な分類が科学的にできるってところだけ理解して!

ここからはタイプが影響する自分自身の才能について説明していくよ!

 

DNAタイプで使われる脳部位が違う

くまたくん

ここからはDNAのタイプ分けで「どんなことが分かるのか?」「自分の資質にどう関わるのか?」を紹介します

多種多様なハプロがあることを見てきました

種類が多すぎて1つ1つのハプロについては個人カウンセリングや講義でしか教えきれません。

ただ、血液型が4分類あるように、

ハプロも大きくまとめると

4つのグループにできるんです。

それをまとめたマトリックスがこちら。

大きな分類なので、もちろん内容に誤差があることを理解していただいた上で言い切ると、どんな脳を使う資質が高いかはDNAハプロである程度決まっています。

言い方を変えればハプロのタイプによってよく使われる脳の部分が違うんです。

それが

  • 左脳⇔右脳
  • 古代脳⇔大脳新皮質

ヨーロッパ系(左脳的)とアジア系(右脳的)

左脳とか右脳はわかりやすいですね!

理性的か、感性的か。まさにヨーロッパ人かアジア人(日本人)かですね。

  • ヨーロッパ系のハプロ=左脳的
  • アジア系のハプロ=右脳的

 

例えば、海外では最新のビジネスモデルなんかをいち早く取り入れているイメージありませんか?

北欧の福祉なんかかなり合理的。それに意を唱える人もあまりいない。

これは理性的であるが故に「使える!理にかなってる」となればバンバン使っていけるんです。

そういう文化が出来上がるんです。

感情を挟んでいないから。

 

逆に日本人(アジア)は気の遣い合いや慣習が大事っていう変な感情論が多くて変化が遅いんですよね。笑

その代わりに義理人情を大事にするってところや「おもてなし」に代表される細やかな気配りなんかはハプロの発揮されたいい文化かもね。

 

話を戻して、

最近は脳科学についての本や番組も多いので、

【左脳=理性・右脳=感性】

はよく耳にするところだと思います。

 

何度も伝えますが、どちらの脳を使う資質が高いかはDNAである程度決まっています。

日本人がどうやったって黒人や白人のような顔立ちにならないことと同様です。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、

左脳派だからって右脳を使うのが苦手とか、右脳が弱いとか、

そういう意味ではありません。

潜在的な能力として左脳を優先的に使っているということです。

そしてそれは、無意識レベルの自分の才能だということです。

 

それを「強みにする」というのがDNA心理学の真の活用なのですが。

これはまた違う段階の話なので、割愛します。

 

縄文系(古代脳)と弥生系(大脳新皮質)

古代脳?大脳新皮質?

さけくん

くまたくん

これはあまり聞き慣れないかもしれない。古代脳と大脳新皮質についてはそれを表す文化でイメージするとわかりやすいよ!

縄文時代は狩猟採集文化

対する弥生時代は農耕文化です。

 

狩猟採集文化では、少ないコミュニティですが、生き残るために積極的、チャレンジングな移動生活を送っています。もちろん日々死と隣り合わせの生活ですので、そこには責任感危機感があります。

 

農耕文化では、安定的な農耕生活によって協力することが大切になります。日々ルーティンな生活を送りつつも精神的な負担は少なく楽観的な思考が育まれます。

なんとなくこの時代背景としての思考パターンがイメージできましたか??

くまたくん

最初にも行ったけど、ボクは「Y」っていうハプロ(日本に0.4%の希少種)で、N系(縄文系ヨーロッパ人)のグループです。

縄文系なので、実行力は結構ありますが、一人の時間に考え事したりするのが好きな内向型人間です

 

Twitterで以前「内向型人間」についての本を抜粋しました。

https://twitter.com/_kumatakun/status/948743667728003073

縄文系はまさに「内向型人間」そのものなんです。

 

4つのハプログループの特徴

縄文系・弥生系・ヨーロッパ系・アジア系

それぞれの特徴を見てきました。

それらがかけ合わさってできる大きく分けられたグループが

D・N・M・R です!

要は

縄文系でヨーロッパ系な人=N系

縄文系でアジア系な人=R系

っていう具合です。

本当に顕著な特徴をまとめので、これが絶対ということではありません。

あくまで参考に。

注意

同じ【iPhone】でも5なのか、6、7、8、はたまたXなのかというイメージ。

大枠は同じ【N系】でも、ハプロAYで性質は違うということです。

ちなみにボクのハプロは「Y」でガッキーと同じN系です。

くまたくん

まぁ、あれです。くまたくん≒ガッキーみたいな。

ガッキーisくまたくん、みたいな。

ガッキーとはそういう関係ですわ。

さけくん

 

ハプロによって、大まかに自分の性質が決まってるんですね。

それは脳の使われ方に起因しているからです。

ここで面白いのは例え表面的に見て同じように見える行動でも

思考パターンが違うというのがポイントです。

行動が決まってるのではなく、思考の癖がある程度決まっているのがハプロです。

 

例えば

パッと見どちらも空気を読む人のように見えるハプロDさんとハプロNさん。

ハプロDさんの場合は感覚優位です。

「感覚として揉め事が嫌い」「感覚として人とぶつかりたくない」

ので空気を読みます。

黙って話を聞いたり、共感するようにうなずいたり笑ったり。

その場の空気に対して上手に反応しているのです。

 

対してハプロNさんは、その場を左脳的に考えています。

「今自分が話を切り出すことでどんなことが起きるか」

「この話は何か意図があるのか」

自分の過去の経験や知識を総動員して頭を使って空気を読んでいるのです。

 

なんとなく自分はどっちかな?ってイメージしてみると楽しいですよ!

 

N系のボクの自身の特徴をいくつか挙げると

貢献意欲が強いためか、福祉の世界に入りました。

いつも左脳的に考えすぎて身動きがとれません

今日1日何をするのがベストかを考えすぎて気づいたら夕方になっていたこともあります。笑

感覚のまましゃべると人を傷つけることもあるから左脳的に考えて空気を読みながら話す、(自分はそう思っていたけど、周りに聞いてみると空気を読んでいるようには思われていませんでした。泣)

「人間はなんのために生まれて来ているんだろう」とか「自分はこの世界で何をすべきためにいるんだろう」とかよく内省します。

 

以前ボクが読んだ本の中の、内向型人間というのがこの性質そっくりでした。

自分は内向型人間だという方はもしかしたらボクと同じハプロN系の人が多いかも??

自分が内向型か外向型か知りたい方にはコレ

 

自分のDNAを知ったボクが伝えたいこと

ボクは自分のハプロを知ってから「自分は人と違ってダメなんだ」とか、「この人はこうだけど自分は…」とか、そういうことをきにすることが減りました。

でも今までは周りのことしか気にしていないような人間でした。

こんな風にブログを使って不特定多数の人に自分の胸の内を晒すようなことは絶対にしなかったと思います。笑

それはなんとなく周りと違うことに「恐れていた」からです。

みんなとちょっと違うことを気づかれたらイジメられたり、仲間外れにされたりするんじゃないか。

 

特に内向型の人は、自分が少し周りと違うことに少なからず苦しんだ経験があると思います。

そのせいでいじめられたり、「変な奴」と心無い言葉を受けたりする人もいるかもしれません。

けどそれで自分の才能を消してしまうことは本当にもったいない!

ボク自身、「今めちゃめちゃ自信あります!!!」とは言えません。

けど、自分の変だと思ってたところは、見方や立場によったら才能になるんだ!ということについては自信を持って言えます。

そして何より、今のネット時代はその「変なところ」が強みになったりするから面白い。

ボクはDNAやストレングス・ファインダーで「自分を客観的に知ること」を、若い大学生や高校生、自分を知らずに大人になった人にも強くおすすめします。

自分を知ることを通して、逆説的に自分と違う人たちのことも知れる。

そうして自分も周りも受け入れることができるかもしれない。

自分をよく知ることで、自分の強みや得意を伸ばすことに時間を使えるし、そうしたらより自分らしい生き方を手に入れられるかもしれない。

社会に生かされるんじゃなく、社会で生きていくことができるかもしれない。

 

でも自分を知ることの快感は知った人にしかわからない。

だからまず、自分について、人生について悩んでいる人には

自分を知る挑戦をしてほしい。

若者よ、自分を知ることを楽しもう!

 

自分のハプロを知るには専用のキットを購入する必要があります。サイトはこちら

DNA心理学は愛知・大阪で学べるので、興味のある方は個人的に連絡ください!

【Twitter】@_kumatakun

 

そんじゃ、お疲れしたで!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です