【気分が乗らない・やる気出ない】心の低迷期の原因と取るべき行動

くまたくん

やる気が出ないと焦りだけ覚えるタイプ。

どうも、くまたくんです。

あなたは「心の低迷期」を知っていますか?

この言葉自体は聞いたことがなくても、

なんだか最近やる気が出ないなぁ

さけくん

あんなに頑張ってたのに急に気持ちが乗らない…

さけくん

こんな経験は誰しもあるはず。

 

実はボクたちの身体や心には「波」があります。

心の波が下がっている時には、

どうにもこうにも行動する気力が起きません。

 

この記事では

そんな心の波の原因をお伝えし、

心の低迷期が「何をすべき時か」をお伝えします。

こんな人に読んでほしい
  • 気分が乗らない、やる気でない人
  • 気持ちが乗らない時に何をすればいいか知りたい人

心のバイオリズムが低迷期の正体

心に浮き沈みがある。

これは自分たちの心に波のようなリズムがあるからです。

それが心のバイオリズムと呼ばれるものです。

 

バイオリズムは、生命体の生理状態、感情、知性などは周期的パターンに沿って変化するという仮説、およびそれを図示したグラフである。

(出典:『Wikipedia』バイオリズム)

このように調べてみると

身体、感情、知性にそれぞれ周期がある

ということがわかります。

 

注意したいのは、

これはあくまで仮説ということ!

だからその周期の数字自体に信頼性はなさそうです

さけくん

 

とはいえ、

気分の浮き沈み」や

気分のムラ」を感じている人は多くいます。

量子力学という学問では

人間は量子という物質の最小単位でできていて、

量子は「波」の性質を持っているそうです。

だとして、身体や心に波があることはあり得ることだと思いませんか?

 

くまたくん

とっても個人的な意見ですが、

ボクはかなり波の浮き沈みのあるタイプです。

くまたくん

すごいやる気に満ちてて調子よく動けていたブログ運営も、

ある日突然やる気が湧かなくなってしまって…

自分でもどうしちゃったのかわからなかったし

わからないからこそとても辛かった。。。

このようにボクは自身の経験からも

心や体の調子に波があるということを実感しています。

 

しかし、

みんながみんな極端に波を感じるのか?

というとそうではありません。

 

ボクも友達と話をしていたりする中で

波を感じる程度や波の大きさは人それぞれだとわかってきました。

 

波も大きな波と小さな波、さらには感じ方の違いもあるというわけです。

 

十人十色という言葉があるように

人の違いは様々です。

心の波が津波のように激しい人もいれば、

さざ波のような穏やかな人もいます。

 

心の波が激しい人は

当たり前ですが気分に左右されるため、

非常に生きづらさを抱えてることが多いです。

 

くまたくん

こういう人は、感受性が豊かゆえに心の病を抱えやすいです。。

 

このことは、

遺伝子レベルの話でもあります。

どういうことかというと、

遺伝子の違いが心の波の感受性に影響しているということです。

 

遺伝子レベルで人の脳のどの部位が強く働くかがある程度決まっています。

その違いによって、

無意識の感覚に敏感なタイプと

そうでないタイプとがあるんです。

 

 

もちろん「気分が乗らない・やる気が出ない」

と思うことの原因には、

  • 向き合ってることが好きなことじゃなかったり
  • 嫌なことが重なっていたり
  • 体が疲れていたり

そういったサインである可能性もあります。

 

でも、思い当たる節もないのにだんだん気分が落ちていく場合、

それはあなたの心のバイオリズムが下がっている時なのかもしれません。

 

バイオリズムは誰にでもあるもの。

さらには人それぞれ程度の違うものです。

 

だから

「自分は気分が落ち込みやすい」

「なんで自分は行動できないんだろう」

と思い込んで自分を否定しなくて大丈夫ですよ。

まとめ
  • 心にはバイオリズム(浮き沈みの波)がある
  • 波の大きさや感じ方は人それぞれ
  • 遺伝子的に波の感じ方が激しい人もいる
  • 気分の波で自分を否定しなくて大丈夫(^_^)

心のバイオリズムの活用法

くまたくん

心のバイオリズムがあることを知ったら、

次はその波とどう付き合っていくかです!

心には浮き沈みがあることを見てきました。

次はその浮き沈みに応じて取るべき行動についてお伝えします。

 

調子が上がっている「チャレンジ期」

「やる気がでてくる!」

「気分・調子がすごくいい!」

そんな心が前向きになっている時がチャレンジ期です。

 

チャレンジ期は、意識が能動的になっている状態です。

やってみたかったこと、気分が乗らなかったことをやるのにうってつけなのがこの期間。

 

ボクの場合、

人と会うのが苦手で、いつも億劫になってしまいます。

 

しかし先日、右も左も分からないボクが

ブロガーのオフ会というものに参加しました!


思えばこのくらいの時期から、

日々の目標設定もしてたし、

Twitterでも積極的に交流し始めたし、

朝活仲間もできたし!


おそらくこの時がボクの「チャレンジ期」だったのだと思います。

チャレンジ期は、心が前のめりになっている時期。

小さいことを気にせず、積極的に行動をすると良いです。

新しい習慣を身につけたり新しいことをするのも、この時期が効果的です。

失敗をしても、受け身な時に比べてダメージを喰らいません。

 

調子の下がっているインプット期

逆にインプット期は心が内向きのモードです。

この時期は何か行動を起こすことがいつも以上に重たく感じられます。

この時期は心が敏感なので、センチメンタルになりやすく

行動できない自分を責めてしまうこともあります。

 

しかし、この時期の本来の意味は

準備期間だということです。

 

たとえば、

ボクがこうしてブログで発信する内容も

下調べをして、

伝える情報を精査して、

伝える順番を考えて、

といった準備をした上で書いています。

 

ブログに限らず人に何かを伝えようという時、

多くの人は相手にわかりやすく伝えるために

何かしらの準備をしていくと思います。

 

くまたくん

伝える前に準備をすることで

ある程度自信を持って伝えることができるよね

つまり、行動も大切ですが行動の前の「準備」も非常に重要だということです。

 

インプット期は

心がいろんなことをキャッチするモードになっています。

この時期は普段よりもいろんなことを吸収(インプット)するので、

本を読んだり、音楽を聴いたり、マッサージを受けたり、

次のチャレンジ期に思いっきり行動するための準備をすると良いです。

 

気をつけたいことは、

ネガティブなことも吸収しやすいので、

夜更かししすぎたり、

お菓子を食べすぎたり、

ネガティブな言葉を見聞きしたり、

そういったことも敏感に影響を受けます。

 

くまたくん

あ…なんか急にやる気が出なくなった。。インプット期がきたかも

と思ったら、積極的に自分を愛でること、

  • 栄養のあるものを食べる
  • 気分の落ち着く音楽を聴く
  • 湯船に浸かる
  • 本を読む
  • 勇気の出る言葉に触れる
などの質のいいインプットを行なってください。

 

バイオリズムの特徴
  • 心が沈んでいる=受動的な時期=いろんなことを吸収する
  • 心が高まっている=能動的な時期=意欲的にアウトプットできる

心のバイオリズムの捉え方

くまたくん

最近調子良かったのに、また行動できない。

やっぱり自分ダメだなぁ

心のバイオリズムを知らなければ、

インプットが効果的な時期にも行動、

つまりアウトプットをしようとしてしまいます。

 

それは流れるプールの流れと逆方向に進もうとしているようなものです。

流れに逆行すれば思うようにいかないのは当然。。。

 

そしてチャレンジ期よりも思ったように行動できない自分を責める。

そうやって自分の評価を下げていくのはとても辛いことです。

これは性格的に真面目で頑張り屋さんな人に多い。

 

心の波は、自分の評価を傷つけるためにあるわけではありません。

先に説明したように、

人には受動的な時期能動的な時期があります。

 

行動的にチャレンジをしている期間だけが大切なのではなく、

その行動やチャレンジを、より効果的にしたり継続したりしていくための準備も重要です。

 

バイオリズムの上がり下がりに応じてどんな行動を取ればいいかがわかったあなたは、

バイオリズムが悪いんじゃない

自分がダメだから行動しないんじゃない

さけくん

ということが理解できたと思います。

 

これまで自分を責めてしまっていたのは理由がわからないから。

どうして行動できないのか、心が沈んでいるのかわからない、

だからとりあえず自分のせいにして腑に落としているのです。

くまたくん

とりあえず自分のせいにするって楽なこと。

楽だから自分を責めてしまってるんだ。

 

でも自分を責めなくて大丈夫。

自分を許してあげましょう。

 

そしてむしろ

バイオリズムを利用しましょう!

 

あなたが自分を許して、バイオリズムを活用するようになったら嬉しいです。

そんじゃ、お疲れしたで!

 

それでもなんだか焦るという方にはコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です